カントリーマーケットvol.35




毎年恒例のカントリーマーケットが赤磐市で開催!
沢山のおかやま県の作家さん達が出展されますのでお気に入りを是非見つけに来てね!
私達カントリーママの手作り木工や家具もずらーっと並びます!早い者勝ちです!

| | コメント (0)

北海道旅行

4泊5日で北海道に行って来ましたairplane

1日目

同級生のいとこと一緒に行くため大阪伊丹空港で待ち合わせshine

千歳空港に着いてレンタカーを借りる事になっていたので空港に迎えに来ていたバスに乗り込みオリックスレンタカーの営業所までbus

追加料金0円でホンダフィットrvcarshine

千歳からまず向かったのは支笏湖mist

Img_0641 Img_0642 Img_0648

気温は16℃寒いですcloud

Img_0652_3 Img_0662 Img_0663

北海道最古の鉄橋「山線鉄橋」
支笏湖畔に移設され昭和26年まで鉄道が走っていたそうtrain

あげいもGETして食べながら次なる目的地は登別rvcardash
支笏湖から原生林の中に道があるような不安になる道をひたすら走ってやっと高速道路のインターの標識を見て一安心confident

登別地獄谷spa

硫黄の臭いがもの凄いsweat02

Img_0707_2 Img_0681 Img_0682

Img_0687 Img_0689 Img_0694

Img_0696_2 Img_0699 Img_0700

Img_0701

鹿さん発見capricornusshine

Img_0705 Img_0706 Img_0710_2

裏側手に大湯沼があります・・天然の足湯もspa入りたい~foot
歩いて20分の表示run

Img_0712 Img_0711 Img_0715

でも20分も歩けないので車で移動rvcar
足湯は駐車場の大分手前にありspa
足湯の近くに停める場所もなく諦めて今日の宿泊予定地の洞爺湖へ向かう事にrvcar

道を間違えsweat01またまた不安になる様な山道も何とか抜けてrvcar
1時間とちょっとで洞爺湖のホテルに到着したもののすでに19時半watchsweat01
今日の宿泊は洞爺サンパレスリゾート&スパ(先日TVで観て楽しみにしていたhotel
夕食の時間が20時までなのでチェックインは後回しでどうぞ食べて下さいと支配人さんのお言葉に甘えてお食事restaurant

Img_0716

夕食はビュッフェバイキングrestaurant

夜洞爺湖で毎日花火が上がりますshine
チェックインしてからお部屋へ上がらずそのままホテルのお庭に出て打ち上げ花火を観ましたshine中国人観光客の大きな子供が大きな声ではしゃぎ廻って煩かったdash
洞爺湖を眺めながらの温泉spa
朝風呂は温泉と湖が一体となってまるで湖に入っているようspa

2日目

Img_0727

朝食もビュッフェバイキングrestaurant

乗せ放題のてんこ盛り海鮮丼がとっても美味しかった~confident

Img_0728 Img_0731 Img_0742

Img_0743 Img_0744 Img_0745

ホテルからの洞爺湖の眺めはあいにくの曇り空cloud

ホテルを出て最初に向かったのはrvcar

洞爺湖サイロ展望台

Img_0753 Img_0751 Img_0752

Img_0757 Img_0759 Img_0763

晴れてたらな~昭和新山や有珠山が眺められるのに~fuji

Img_0772 Img_0773

道中広大な畑を発見shine感動camerashine

230ルスツ(道の駅)から国道66号ルートで羊蹄山のすそ野を走りrvcar

Img_0774 Img_0775 Img_0777

ニセコビュープラザ(道の駅)で飲むヨーグルトをGETshine要所要所に道の駅がありますrvcar
晴れてたら羊蹄山(蝦夷富士)が観られるのに~残念だな~

そろそろ羊蹄山ともお別れね・・と思っていたら急に晴れて来ましたsunscissors

Img_0779

ちょっと脇道に入り羊蹄山のよく見えるスポットへfuji

神威岬へGo!rvcar

Img_0782 Img_0783 Img_0785

積丹半島の西側海沿いの229号をひたすら走り(途中余市方面へ行く山道に外れUターンするも)14時に神威岬に到着rvcarshine

Img_0786 Img_0787 Img_0788

駐車場から遊歩道を上って行きますrun

Img_0791 Img_0792 Img_0796

積丹ブルーの大海原を一望できる神威岬mist

Img_0798 Img_0799 Img_0801

女人禁制(神威岩伝説)の門をくぐって(今は女性も入れる)
両側に日本海の雄大な眺めが広がる遊歩道「チャレンカの小道」を通って行った先端は300度の丸みを帯びた水平線を見渡す事が出来るようですが今日は通行止めになっていて途中までしか行けず残念down(先日の北海道の大雨の影響?)

Img_0807 Img_0812 Img_0818

念仏トンネルや灯台やろうそくの形をした神威岩が観られるのに本当残念down
もう一度来いという事かな・・
(女性を乗せた船がこの沖を過ぎようとすれば必ず転覆すると言われたためかつて女人禁制の地になっていたとか)
神威岬・・古くは西蝦夷三険岬のひとつとして航海の難所として知られていた所mist
絶景でしたshine

Img_0819

そして車で30分弱位走ったところに積丹岬がありますwave

Img_0820 Img_0821 Img_0822

Img_0825 Img_0827 Img_0828

このトンネルを抜けたところから絶壁の階段を下りて行ったところが渚百景に選ばれている島武意海岸wave
途中まで下りて(上がってくる人達の息が上がっているのを見て)下まで下りるのは止めて景色だけcamera

Img_0832 Img_0833 Img_0831

トンネルを戻ってから東側坂道を上がると灯台があるので行ってみる事にrun

Img_0834

こちらも結構急な坂道sweat01

Img_0836 Img_0837 Img_0838

次なる目的地は余市のニッカウヰスキーrvcar
閉園時間に間に合うかなー?と飛ばすも閉園5分前到着sweat01
駐車場の警備のおじさんに止められ「5分でもいいから~」と入場するもやっぱり無理ね・・明日再度来る事にrvcar

そして今夜の宿泊地小樽へ
余市から小樽へは1時間程rvcar

小樽運河目の前のホテルhotel
ホテルソニア小樽でチェックインを済ませ小樽の街を散策run

Img_0839

小樽運河クルーズに乗ろうshipと出てきたものの
運河の交差点へ出ると人力車のお兄さんに捕まりsweat02

Img_0848 Img_0850

足も痛くて疲れていたので乗せてもらう事にshine
2人で30分9000円の人力車での観光(初)

Img_0854 Img_0856

Img_0858_2 Img_0863_2 Img_0866

人力車を降りると辺りは薄暗くなりnight

Img_0881 Img_0883 Img_0891

浅草橋からcamera
レトロなガス灯と大正時代からの石造りの倉庫が並んでいますflair
今日のホテルは食事無しなので何か食べねば・・と歩き回るも早くに閉まっているお店が多く人力車のお兄さんお勧めの小樽のソウルフード「海鮮あんかけ焼きそば」や小樽の寿司屋通りのお寿司もお勧めだったのだけど海鮮は明日の余市で食す予定fish
お兄さんお勧めのお店「桂苑」に電話したらすでにあんかけ焼きそばが完売sweat01していたのでここでお兄さんとお別れしてウロウロrun

Img_0894

19時半頃「まっここでいっかー!」と先ほど通りかかって見ていた中華料理「好」にてやっと夕食にありつけたーrestaurantsweat01

Img_0896

3日目

まず朝一は昨日見学出来なかった余市のニッカウヰスキー施設見学

Img_0900 Img_0901 Img_0904

Img_0940 Img_0928

余市蒸留所正門→乾燥棟(キルン棟)→発酵棟→蒸留棟→混和棟を見て(順番ではないけど)


Img_0906 Img_0907

ウイスキー博物館

Img_0937 Img_0935 Img_0941

旧事務所

Img_0944

竹鶴政孝像

Img_0945

北海道花のはまなすがあちこちで見られますtulip

Img_0946 Img_0947 Img_0948

旧竹鶴邸

Img_0950 Img_0951 Img_0955

貯蔵庫

Img_0970

北海道は今が薔薇の満開の季節なんですねtulip

Img_0971 Img_0977 Img_0978

そして余市はウニがとっても美味しいので余市駅周辺でスマホにて調べると柿崎商店が上位で出てきたのでナビで見てみるとすぐそこ!というか右側にあった(笑)
ニッカウヰスキーからも歩いて来れたみたい~run

Img_1001 Img_0997 Img_0998

すでに駐車場はいっぱいrvcar一足先にお店に入るとすでに並び始めている・・でもまだ席は空いてるので大丈夫と思いながら
ウニのメニューもいろいろあるので「何にする~?」「一番高い4400円のアカウニにしよう!」と話していたら待ちながらそのメニューの札が取り外されてしまいsweat01次に高い4000円のアカウニを注文shineその下のシロウニは2600円(もちろん2人で一つの丼ぶり)

アカウニやシロウニはどう違うんだろう?との疑問に調べてみるとアカウニは蝦夷馬糞雲丹シロウニは紫雲丹でした~!雲丹は6月中旬~8月上旬が旬なのですね!雲丹はどこも時価ですshine

他の席の家族が食べていたホッケも美味しそうだったのであとから注文!
蝦夷馬糞雲丹はクリーミィで最高にめっちゃ美味しかった~!
ホッケも美味しかったよfish

Img_0999 Img_1002

食べ終わって店を出ると入口の階段の下の方まで行列sweat02まだ12時前watch
良かった~早目に入ってrestaurant

そしてまた小樽のホテルに戻りrvcar運河で気温は21℃の表示

車を預けてから小樽を散策するとrun

Img_1006 Img_1008

「とにかく明るい安村」のTVのロケ中にぱったり出会い・・地元小学生の校外学習中の子供達と先生との会話を撮っていましたmovie(地元放送局)

Img_1009 Img_1012 Img_1014

北海道最古の鉄路「手宮線」跡が小樽の市街地に残っていますtrain
せっかくなので線路の上を歩いてみましたshoe

Img_1017 Img_1018

旧日銀小樽支店bank 現在金融資料館

館内無料で見学・・赤煉瓦で有名な東京駅の設計者辰野金吾設計wrench
懐かしいお札が見れたり普段は見る事のないとてつもない数字を見れたり1億円の重さの体験もできますdollar

Img_1019

旧三井銀行小樽支店bank

Img_1005

旧第四十七銀行小樽支店bank

Img_1027

旧百十三銀行小樽支店bank 現在小樽浪漫館

この辺りを戦前は北のウォール街と呼んでいたそうですbank

Img_1023

旧名取高三郎商店 現在小樽大正ガラス館

家屋の二階部分(左)に壁があります「うだつが上がらない」とはここから来ている言葉でこの壁は装飾にもなっているお隣さんとの防火壁!昔はこの辺り火事が多かったそうで(人力車のお兄さん曰く)商売繁盛して儲かっている代名詞でもある卯建を家屋に付けていた商家が多い小樽ですhouse

Img_1028

旧北海雑穀(株)現在小樽硝子の灯・彩や(いろどりや)

小樽を代表する硝子やオルゴールなど小樽特産品のお店が並んでいますshine
お店で「なぜ小樽で硝子が特産品になったのですか?」と聞くと「昔ニシン漁に硝子の浮き球を作って漁をしていたんですよ!」と店員さんが教えてくれましたshine
そんな歴史があったんですねshine

Img_1036

川又商店(文房具などの商店)現在雑貨ショップ

木骨石造り店舗で石造りの家屋と蔵の間に2軒の木造家屋が軒を連ねているhouse
石造りの家屋で挟んでいるのは防火対策なのだとかhouse
左側に「卯建(防火壁)」がありますねshine

Img_1030

ルタオ本店shine

ではなく入ったのはルタオルショコラでした(笑)

(帰ってから気付くとは・・)
でもドゥーブルフロマージュとルタオプリンはめっちゃ美味でした~heart


Img_1033 Img_1034

堺町本通りrun

そして歩くとかなり遠いのは分かっていたけれど昨日人力車のお兄さんに案内してもらっていた国の重要文化財の旧日本郵船小樽支店はどうしても入館したくて早歩き(笑)

Img_1037 Img_1038 Img_1039

入館料300円moneybag係のおじさんが館内を親切に案内して説明してくれましたconfident
設計者は佐立七治郎氏(日銀と東京駅の辰野金吾氏と同期)
近世ヨーロッパ復興様式の石造りで2階建建築shine
厚み75㎝もある石造りの外壁や内装には米国製のスチールシャッターや地下にボイラー室を設けた蒸気暖房shine
2階の貴賓室は空色漆喰の天井や菊模様の金唐革紙の壁や幻想花柄絨毯など贅を尽くした華麗な空間を完全復元shine

Img_1041_2 Img_1042 Img_1043

ポーツマス条約の日露樺太国境画定会議が行われた会議室と国境碑(表側日本 裏側ロシア)の複製

「簡単でいいですよ~」と言っていたのに色々と丁寧に説明して下さいましたconfident

そして!係のおじさんに他に小樽といったら外せないスポットをお聞きすると「三井銀行の地下金庫は観る価値あり!」というので時計を見ると16時とっくに過ぎているwatchsweat01でも見たい!という事で走るrun走るrun

ひたすら走って戻りながらcamera

Img_1045

旧北海製罐第3倉庫 現在も缶詰製缶工場camera

小樽の鉄筋コンクリート造では初期のものshine
航空母艦の船体のような形をしていて大正時代の建築当初から荷物を揚げ降ろしするためのエレベーターなどがあり近代機能的な設計shine
仮面ライダーの悪役ショッカーの基地として撮影された場所だとか(昨日の人力車のお兄さん曰く)

Img_1046 Img_1048 Img_1051

旧大家倉庫と旧小樽倉庫 現在運河プラザcamera
小樽運河沿いや街中にあちこちに古い石造りの倉庫がありますshine

これらを走りながら途中止まってcameraパチリしてshineまたまた走ってrun

何とか16時30分過ぎにに旧三井銀行に到着bankshine

Img_1391 Img_1392

入場料500円moneybag
旧三井銀行に入館するとすぐに天井でのプロジェクションマッピングが始まりshine
やっぱり来て良かったshineルネッサンス様式の外観と吹き抜けに回廊がめぐり天井の石膏造りの内観shine

Img_1386 Img_1387 Img_1388

地下の貸金庫と大金庫shine圧巻でしたshine
浮世絵展もやっていてさらっと観賞

最盛期の大正時代から昭和の戦前まで銀行・海運会社・商社・大商店が軒を競う一大商業地域として繁栄したという小樽をたっぷりと満喫shine

今日宿泊のホテルも食事無しなので何か食べてから富良野へ向かう事にrestaurant

Img_1052

昨日より時間も早いからまだ開いてるかな~と思い北海道に来たら絶対海老ラーメンを食べよう!と思って昨日も見つけていたレトロな小樽出抜小路の中のお店に直行するも・・まさかのclosesweat02仕方ないのでその中の他のラーメン屋さんにてnoodle
でもこのラーメンもめっちゃ美味しかった~shine

食べ終わったら今日の宿泊地富良野まで移動rvcar17時半過ぎにホテルへ車を取りに戻って小樽から三笠まで高速道路でrvcarあとはひたすら同じ景色の山の中sweat01
真っ暗で建物も一軒も無くすれ違う車も殆ど無いので怖かった~sweat02
富良野プリンスホテルに到着したのは20時半過ぎwatch
新富良野プリンスホテルの温泉に行く為のシャトルバスがありbus
もう時間が遅く最終のバスで帰れそうもないのでここ富良野プリンスホテルにも大浴場があったのでこちらでゆっくりとspa

Img_1054 Img_1056

ホテルではテルテル坊主がお迎えしてくれてましたcloud
あ~したてんきにな~れsun

4日目

いよいよ一番行きたかった富良野のラベンダーの日shine
このラベンダーが観たくて一番ベストな日にち(3連休と夏休みを避けて)を選択していたshine

Img_1057 Img_1058 Img_1059

今日は朝食付きでビュッフェバイキングrestaurant
ふらの牛乳とヨーグルトめっちゃ美味しかったshine

Img_1063

静かな森の中にある富良野プリンスホテルhotel
次回は新富良野プリンスホテルに泊まりたいなconfident

今日一番はファーム富田

Img_1066 Img_1068 Img_1069

Img_1070 Img_1074 Img_1077

濃紫早咲という品種が見頃でしたshine
ラベンダーは花が開く前の蕾が伸びた頃が一番綺麗ですよねshine
晴れてたらもっと綺麗な濃い紫に写るのにな~

Img_1079 Img_1081 Img_1097

春の彩の畑・秋の彩の畑・花人の畑・倖い(さきわい)の畑
ラベンダー以外にも季節のお花畑がありますtulip
お花畑tulip今も綺麗だけど満開になったらもっと綺麗だろうなshine

Img_1100 Img_1101 Img_1109

Img_1111 Img_1112 Img_1117

富良野メロンは果肉もしっかりしていて甘くて美味shine
ラベンダーソフトクリームをGETして次なる目的地にrvcar

美瑛白金の青い池

Img_1121 Img_1125 Img_1129

駐車場から白樺の遊歩道を抜けたところに青い池がありますshine
めっちゃ綺麗だったshine曇っていてもこれだけ青く見えるのだから晴れていたらもっと青く見えるんだろうなsunとちょっとがっかりcloud

Img_1133 Img_1134 Img_1137

Img_1138 Img_1145 Img_1143

近くを流れる滝の水がアルミニウムを含んでいてそれが池に流れる美瑛川の水と混ざり「コロイド」という物質が発生しその「コロイド」が池に降り注いだ太陽光に乱反射して人間の目に青く見えるのだそうですsun
やっぱり太陽が出てたらもっと青く見えるのに残念だdown


Img_1146 Img_1149 Img_1150

次なる目的地rvcar

パッチワークの路や美瑛の街並みが一望できるという北西の丘展望公園へ

Img_1151

着いてすぐ駐車場向かいに並んでいる売店で夕張メロンと焼とうきびrestaurant
白いピュアホワイトというとうきびは生でも食べられると試食restaurant甘くて美味しいshine
黄色と白色両方を注文shine
夕張メロンはめっちゃジューシーだけど富良野で食べた富良野メロンの方が果肉がしっかりしていて甘くて美味しかったよapple

Img_1153 Img_1154 Img_1155

Img_1152 Img_1156

ピラミッド型の展望台からは十勝岳や畑が区切られていてパッチワークの様に見えるパッチワークの丘が見渡せますshine
でも今日は残念曇っていて十勝岳連邦は見えませんcloud

そしてセブンスターの木へrvcar

Img_1157 Img_1159 Img_1162

Img_1164 Img_1165 Img_1167

昔のセブンスターのパッケージになっていたカシワの木bud
じゃが芋や小麦など北海道の農風景が広がるパッチワークの路にすくっと立っていますclub

次の目的地かんのファームrvcar

Img_1168 Img_1171 Img_1174

Img_1175 Img_1176 Img_1177

かんのファームもラベンダーと季節のお花畑tulip
もう少しおごっているともっと綺麗に見えるんだけどな~とちょっと期待外れ
売店で美味しいじゃがバターを頂きましたrestaurant

次は四季彩の丘rvcar

Img_1178 Img_1181 Img_1184

園内を回ってくれるトラクターの「ノロッコ号」(乗車券500円)に乗り園内のお花畑をcamerashine

Img_1185 Img_1186 Img_1187

本当に中国人の観光客でいっぱいsweat01
順番を待っていたトラクターも先に乗り込まれsweat01
運転手のおじさんが注意してくれるのも無駄で一本見送り次のトラクターに乗るdash

Img_1188

そして再度ファーム富田にやってきたrvcar
朝ファーム富田を出てすぐ見てなかった場所のラベンダーを発見してたから(笑)

Img_1190 Img_1192 Img_1193

Img_1194 Img_1195 Img_1203

森のラベンダー畑・白樺の森・山の彩の畑・森の彩の畑など散策

Img_1204 Img_1207 Img_1208

Img_1220 Img_1222 Img_1223

晴れていたら十勝岳がよく見えるのに今日は雲の影に隠れていて残念cloud

Img_1224 Img_1226 Img_1228

ファーム富田tulip今回の一番の目的地だったのに日本最大級のラベンダー畑「ラベンダーイースト」を見てなかったとは(涙)
園内ガイドマップももらってたのにちゃんと見てなかった(泣)
しかも帰ってから気が付くなんて(車で美瑛に向かう際ラベンダーイーストの看板は見てたのにね・・と)
それに七色の花々が緩やかな丘に美しい虹を造りだすというファーム富田を代表するという彩の畑も上から眺めただけでガイドマップの表紙を飾る場所から見てない(泣)

もう一度来てねという事かな(笑)

次は富良野チーズ工房rvcar

Img_1232

Img_1229 Img_1230 Img_1231

チーズの試食をつまみ食いしてこちらはさささっとrun

そして風の庭ガーデンに行きたかったのだけどナビで進んだ道が変な森の中の道に入って行ってしまいUターンしたり新富良野プリンスホテルの中にある事がわかり(今頃)その新富良野プリンスホテルだと思って向かったら他のホテルsweat01
雨も降りだしたしrainこれは「もう時間が遅くなるから行くな!」という事かな~と諦めて今日の宿泊地札幌に向かう事にrvcar
またあの山の中の道を帰るのか~sweat01と思ったけど間違えて来たホテルの人に聞くと札幌へは三笠まで出て高速道路で札幌に向かうのがやっぱりベストらしいrvcar

ホテルサンルート札幌に到着したのは19時を過ぎていましたhotel
やっぱり富良野を早く出て正解だったshine

Img_1233 札幌駅train

雨の中rainホテルから徒歩3分と書いてある札幌駅まで3分以上は歩いて今日はここで北海道最後の晩餐shine

Img_1235 Img_1238

駅の構内をうろうろ歩き回って決めたのはやっぱり海鮮丼shine
私は雲丹と蟹といくらの海鮮丼shineそしてとうきびの天麩羅もrestaurant
同じ蝦夷馬糞雲丹だけど余市で食べた雲丹の方が美味しかったなーshine

5日目

朝ホテルを出て札幌大通り公園へrvcar
ホテルから歩いて10分程らしいのですが足も痛いしfootsweat01

Img_1239

朝食は札幌大通り公園のDOUTORコーヒーにてcafe

札幌の時計台は残念ながら改修工事の為足場がかかって見られませんでしたdown
私は前回の北海道旅行の時に来て写真も撮ってるので良かったのだけどいとこのNちゃんがとっても残念がっていましたdown

Img_1240

徒歩で近くに赤れんが庁舎(北海道庁旧本庁舎)があるので行ってみる事にrun

Img_1242 Img_1243

建物の左の西側の門から入ってしまいました(庁舎の左側)

Img_1244 Img_1245 Img_1246

Img_1247 Img_1248 Img_1249

1888年に建てられたバロック様式の建築shine
国の重要文化財に指定されていますshine

Img_1251 こちらが真正面shine

Img_1269 TV塔shine

そして11時半にはレンタカーを返さなければならないので10時には札幌を出発rvcar

Img_1277 新千歳空港の国内線ターミナルの中で「ドライブインいとう豚丼名人」十勝名物の豚丼を食べて12:50分発のJAL便で伊丹空港へairplane
14時40分着予定だったので15時発の高速バスに乗るのは無理かな?と思っていたら5分程早く伊丹に着いたので飛行機の中でバイバイをしてダッシュrunsweat01
JALはまたまた出口がめっちゃ遠いrunsweat01
飛行機が着くと同時にスマホで予約してダッシュでローソンへ行って何とかチケット購入bus
何とか15時前にはバス停に着くもバスはかなり遅れて来たのでしたbussweat02

次回は旭川空港からもう一度富良野を訪れて北海道ガーデン街道巡りをしながら道東を回りたいなheart04

|

オーダー家具

あれから製作した家具達です。

キャビネットを2台











TV台を2台









シェルフ



| | コメント (0)

上海蘇州無錫の旅

3泊4日の中国上海旅行に行って来ました!

3月9日

今回は岡山空港から9:10分発の直行便にて浦東空港へairplane
めっちゃでっかい空港です!
2時間弱で着きました~(早っ)

Img_9202 Img_9209 Img_9203

まずは空港ターミナルの中での昼食「搾菜麺」restaurant

Img_9210

空港の外airplane中国に来た~!って感じshine
ちょっと前に春節だったのでまだ街は「新春」のポスターなど貼ってありました!

バスにて蘇州市郊外へbus
道中の町並みはどこもかしこもゴミが散乱していましたdash
日本は綺麗なんだとつくづく実感shine

同里古鎮観光

Img_9219

Img_9220 Img_9225 Img_9228

同里水郷の町並み

世界文化遺産の退思園(蘇州古典庭園の一つ)

Img_9239 Img_9240 Img_9241

Img_9242 Img_9244

屋根瓦の下側の半月の形は中国で縁起のいいとされている蝙蝠の形shine
扉は昔シルクが貼られていたそうですshine

Img_9252 Img_9248

庭園の歩道は蝋梅の模様の変わった石畳が続いていますrun

Img_9254 Img_9256 Img_9258

Img_9265 Img_9267 Img_9270

穴の多い複雑な形の石灰石の太湖石があちこちにshine

Img_9281 同里三橋

Img_9276 Img_9278 Img_9283

太平橋・吉利橋・長慶橋の3つの橋
この3つの橋を渡ると幸せになれるという言い伝えがあり「太平橋を渡れば1年間健康に吉利橋を渡れば商売繁盛に長慶橋を渡れば長生きに」と言われ太平橋→吉利橋→長慶橋の順に回って初めてご利益があると言われているそうですshine
多分その順に回ったのかな?

夕食は同里料理restaurant

Img_9294 Img_9284 Img_9291

まだまだいっぱいお料理出てきたよrestaurant美味しかったheart01

Img_9295 Img_9297

夕食後先ほどの三橋の夜景観賞shine
多数の2人乗りのバイクがこんな観光地の路地をあちこち走り回っているbicyclesweat01
ガイドの呉さん曰く「走ってはいけないよーバイクにぶつかる!みんな免許取らないで乗ってるー!」

そして今日明日は蘇州2連泊hotel

Img_9301 Img_9302 Img_9304

昨年秋にオープンしたばかりのルメリディアン蘇州ホテル
しかもスーパーデラックスホテルshine


3月10日

無錫(ムシャク)市内へbus

巡塘古鎮

Img_9309 Img_9311 Img_9315

運河の両岸に清代の面影を残す町並みを散策shine

Img_9316 Img_9321 Img_9326

鎮とは日本の町を示す行政区だそうで
上海の近代的な街の周りには古い風情を残すいくつかの古鎮があるそうですshine

ツアーだから仕方ないかsweat01
淡水真珠店へ強制連行!

Img_9347

カラス貝で養殖している真珠cute
いっぱい出てきたよshine形の悪いのは粉末にして化粧品にしているそうですshine
中国人商売上手ね!真珠クリームの叩売りが始まって結局10個で1万円sign01
殆どの女性陣が手を挙げて購入してたけど私は手を挙げませーんthink
友達が10個買ったのでもう2個プラスしてもらって2個だけ買わせてもらったけど「あの雰囲気の中で買わないのはすごいね!」と同じツアーのお客さんから言われたよ(笑)

昼食はスペアリブなどの無錫料理restaurant

Img_9355

スペアリブといってもほとんど骨だけsweat01
中国人は骨をしゃぶるそうですsweat02
日本人の為に少しお肉をつけてくれたそうです(ガイド曰く)

南禅寺

Img_9359 Img_9361 Img_9363

Img_9366 Img_9362 Img_9369

南禅寺を含む五台山全体が世界遺産だそうですshine
中国現存最古の木造建築shine
南禅寺の周囲は商業街になっていて友達は時間の無い中○○をGET!笑

ぐう園

Img_9377 Img_9378 Img_9381

Img_9382 Img_9384 Img_9386

Img_9388 Img_9389 Img_9390

世界文化遺産に登録されている蘇州の9つある古典庭園の一つshine
高級役人さんが退官後ご夫人と共に隠居した庭園shine

Img_9392 Img_9393

ぐう園の周りも小さな運河で囲まれていますshine

Img_9394

世界遺産になっている京抗(けいこう)大運河がそばを流れていますship
京抗大運河は北京から杭州までを結ぶ総延長2500キロメートルに及ぶ大運河shine

Img_9405

車窓から虎丘をちらりと見てbus(行きたかったな~)

そしてこれまた強制連行にて刺繍研究所へsweat01
シルクに施された刺繍はまるで写真の様でとても綺麗でしたshine

夜は蘇州料理を頂きましたrestaurant

オプショナルツアーにて蘇州運河ナイトクルーズship

Img_9412 Img_9417 Img_9418

Img_9419 Img_9424 Img_9435

Img_9441 Img_9442

蘇州の町並みのイルミネーションがとても綺麗ですshine

船を降りてからバス乗り場まで歩いて行く道中夜に太極拳???

Img_9443 Img_9446 Img_9448

3月11日

上海市内へbus

上海の車はナンバープレートが高いそうですrvcar
一枚170万円とかdollarsweat02

外灘(ワイタン)散策run
Img_9467 Img_9468 Img_9469

外灘は租界時代の重厚な洋風建築が立ち並びヨーロッパの街並みを彷彿させる異国情緒を醸し出していますshine

Img_9470 Img_9471

当たり前だけど中国人がめっちゃ多いsweat01
何しゃべってるかわからないけど中国人大きな声で怒鳴ってしゃべってる人が多いのはなぜ?
ガイドさんからは鞄は前に抱えて!くれぐれもスリに要注意と言われました!

豫園商城(ヨエンショウジョウ)散策

ここで飲茶料理のランチをしてからrestaurant散策

Img_9472

ガイドの呉さんがマンゴープリンの美味しいお店を教えてくれましたが中国語で書いてあったので「これかなー?」と思って注文したのにプリンではなかったsweat02

Img_9490 Img_9484 Img_9487

Img_9483

豫園商城は豫園(伝統庭園)とそれに隣接する商業エリアのお土産店や飲食店が軒を連ねています!
なんと人酔いしそうになるほど混雑していました!
ここでもスリに要注意sweat02

魯迅記念館

Img_9494 Img_9495 Img_9496

魯迅といえば中学校で習った小説家ですね!

Img_9497 Img_9498 Img_9499

Img_9500 Img_9501 Img_9502

記念館はさーっと観て公園内の散策もしたけど40分の時間はちょっと多かったsweat01
広い公園内では中国人の沢山の人数のグループがあちこちで集まって思い思いに楽しんでいる様子でした!

今日のディナーは「王宝和酒家」にて上海蟹のフルコースcancer

Img_9504 Img_9505 Img_9506

Img_9507 Img_9508 Img_9509

Img_9510 Img_9511 Img_9513

上海蟹をたっぷりと堪能した後はオプショナルツアーで上海雑技団と外灘夜景観賞と観光トンネル体験&上海中心展望台からの眺望と2コースあったのですが迷わず夜景観賞にshine

Img_9515 Img_9531 Img_9534

上海一の夜景観賞スポット外灘!夕方から歴史建築群のライトアップが始まり黄浦江の対岸にはテレビ塔や超高層ビル群のきらめきが見渡せますshine
スリには要注意です!

Img_9517 Img_9524 Img_9538Img_9540 Img_9536

Img_9541 Img_9542

そして外灘の地下からBGMの流れた無人のトラムに乗って黄浦江対岸を結ぶトンネル「観光トンネル」で浦東まで行きましたshine
まるでテーマパークのアトラクションに乗ってるかのような煌びやかなイルミネーションが楽しめましたshine

迎えに来ていたバスに再び乗り込み「上海タワー」へshine

Img_9548 Img_9550

世界2位の高さを誇る超高層ビルの118階展望台からの眺めですshine

Img_9553 Img_9554 Img_9555

Img_9556 Img_9559 Img_9564

ホテルに戻ったのは夜の10時を過ぎていましたhotel

5つ星ホテルのハイアットオンザバンド(上海外灘茂悦大酒店)泊

Img_9565 Img_9566_2 Img_9567_2

3月12日

南京路散策

Img_9574 Img_9575 Img_9576

南京路は1世紀以上前からの上海中心繁華街ですshine

Img_9577 Img_9578 Img_9579

この上海世界大丸百貨店の螺旋エスカレーターが見ものshine

新天地散策run

Img_9582 Img_9583

Img_9584 Img_9594 Img_9595_2

上海の歴史ある古い建物の中にお洒落なカフェやバーが並んでいますshine
殆ど元を使い果たし2人合わせて何とかゴディバのアイスをGETし3元残っただけーdollar

Img_9601 Img_9604

帰りも2時間かからず無事帰路へairplane

今回の旅では○○県のツアーの方達とバスが一緒で1日目の同里散策のお土産屋さんで足が痛くてsweat01同じ靴を買われた方とお喋りしていたら何と!!結婚する前に勤めていた幼稚園に子供さんが通われていたと!しかも同期で一番仲良しだった先生が担任だった事がわかり!超感激!!でしたーshine

とってもお得なトラピックスの「まる得上海・蘇州・無錫4日間の旅」でした

shine

|

発表会の台

やっと出来ました〜。
保育園から頼まれていた発表会の台16個。
子供達が鍵盤ハーモニカを置いて演奏したり2列目の子供が上がって歌を歌ったりする台です。



W600が4個とW900が12個。





下にはフェルトシートを貼りました。



塗料はオスモのフロアーカラーナチュラル(白木用)つや消しです。

実は最初作った8個にはワトコカラーワックスのナチュラルを塗っていましたがどうもツルツルし過ぎて滑りそう(裸足で上がるから大丈夫かと思ったんだけど考えたらワックスはロウですもんね…)
という事でもう一度持って帰って60番の紙やすりで剥ぎ取り再度紙やすり180番で仕上げてからこのオスモの塗料を塗りました。

白木感を無くしたくない場合はこれとっても綺麗です。
ただとってもお高くて粘度が高く塗りにくいです。
この台だとワトコカラーなら2〜3分もあれば塗れますがオスモカラーは20分以上はかかります。

子供達が喜んで演奏してくれるのが楽しみ。
でももうクタクタ(笑)

| | コメント (0)

薔薇冬の作業

薔薇冬の作業がほぼ終了!
あとは冬の消毒をすれば完了です。
12月のマーケット後少しずつやってきて1番に蔓薔薇の剪定と誘引作業をしました。







蔓薔薇の次は木立ち薔薇達の剪定と植え替え作業。



植え替えしてから丸2年の鉢植えの薔薇達は根詰まりをしているので植え替えをして。
1年目の薔薇あおいは少し掘って寒肥を施してあげました。
2年目以降の地植えの薔薇には30㎝程周りを掘り起こしバーク堆肥とマグアンプKを土に混ぜてその上からバーク堆肥をマルチングしました。



鉢植えだったブルームーンとブラスバンドとフリージアは中々大きくならないので強剪定をして我が家では1番日当たりのいい場所に地植えにしました。

春が楽しみだなー。

これから薔薇の栽培日誌をブログに載せる事にしました。

薔薇栽培を始めたのは5年位前です。

最初はお隣さんとの塀代わりの枕木を立ててあるところに枕木と枕木の間にゴールドクレストを3本植えていたのが年々あまりにも大きくなって私の手に負えなくなりとうとうゴールドクレストを抜いたんです。
さてここに何を植えようかと色々考えた。

たまたま熊山の英国庭園に行ったら園芸ショップさんで黒点病になってボロボロだった苗を安くしてもらって1本1,000円で2本購入してそこに植えたのがきっかけです。

それが今のピエールドゥロンサールとレオナルドダヴィンチ。

品種なんてもちろん薔薇の育て方も何も知らなかった私。
こんなボロボロの苗だったのに何にもしなくても翌年の春にはこんもりと綺麗に沢山の花を咲かせてくれた薔薇に超感動shine



ピエールドゥロンサールとレオナルドダヴィンチのあまりにも美しい姿に落ちてしまいました(笑)
その薔薇の品種名が分かったのは数年してから。
タグは付いていたけど分からなくなってた(笑)
あの時たまたまピエールドゥロンサールではなくて初心者には難しい違う薔薇だったら…確実にはまっていなかっただろうし枕木の間に他の木を植え替えただろう。

出会いって素敵だな。

春が終わったらお薬をしてもどうしても黒点病になって葉が落ちてしまいあとはほったらかしだった私。
それでもまた翌年には綺麗に咲いてくれるピエールドゥロンサールとレオナルドダヴィンチ。

2年程前当時産経新聞を取っていた我が家。
やっぱり地元の話題も読みたいからと山陽新聞に戻して数日後。

玉野市の深山公園にて1年数ヶ月間かけて5回の薔薇の栽培講習会募集の記事を発見shine
導かれるように深山公園の講習会に行きました。
2年2ヶ月前の11月から昨年の2月まで計5回の講習とその後おさらい講習計4回を企画して頂いて今月17日が最後の講習会。

頂芽優勢という事を知り蔓薔薇は誘引しなければならないという事。
勉強した通りに誘引した蔓薔薇達。
その前の年には十数個しかつかなかった蕾が何と100以上蕾を付けてくれたシャンテロゼミサトにまたまた感動shine



手をかけてあげればきちんと応えてくれる薔薇達が愛おしくて愛おしくて。
これって子育てと同じだなと思う。

今年ギーサボアとビェドゥをお迎えして今我が家にある薔薇がミニチュアローズを除いて19品種20本になりました。
まだまだ若い木ばかりなので小さな薔薇達。
ダブルワークをしている為あまり増やすと手入れが出来なくなるので今はぐっと我慢して増やしてもあと数本かな。

宿根草が咲き乱れる小さな小さな小さなローズガーデンを作ってオープンガーデンをするのが夢です。

我が家にある薔薇達〜古い順から〜

ピエールドゥロンサール2本
レオナルドダヴィンチ
ブルームーン
フリージア
コラーユジュレ
サマースノー
ドロシーパーキンス
シャンテロゼミサト
ブラスバンド
アンブリッジローズ
クラウンプリンセスマルガリータ
レディオブシャーロット
パレード
ペッシュボンボン
ナエマ
あおい
ジェネラシオンジャルダン
ギーサボア
ビェドゥ
そして2月末にブルーフォーユーが来る予定shine



| | コメント (0)

台湾旅行

3泊4日の台北ツアーに行ってきました(^^)/ちょっと前のことです(笑)

10月21日

始発の電車と新幹線とJR特急にて関空へairplane
関空で待ち合わせの約束をしていた名古屋のいとこと特急の自由席の車両の中でまさかの斜め前の席にてばったり出会うtrain

Img_8221 エバー航空にて11時10分発予定がちょっと遅れて離陸airplane
台湾に13時5分着予定は出発が遅れた以上に遅れたのは台風のせいかな?
日本に超大型台風21号が向かっていて沖縄の南海上にいる事をすっかり忘れていた2人は着陸態勢になってからかなり揺れる機体に「何でこんなに揺れるの~sweat02」とわめきましたsweat01台風のせいだったtyphoon

Img_8232
無事台湾桃園空港に着陸shine14年振りの海外だmist

ツアーなので空港に観光バスがお迎えにbus乗り込むととってもボロボロで中は錆さびのバスsweat02
バス特有の臭いがきつくてバス酔いしそうな感じ・・添乗員さんが乗り込む前に「バス酔いする人」と手を挙げていたので前の方の席にしてくれたがほんま臭いに酔いそうでしたdown

バスの中から総統府(車窓から)を見て(←どんな外観だったかもう思い出せないdash
中正記念堂へ

Img_8285

階段の下側から中へ入ると1階では音楽ホールもあり演奏会をやっていましたnote

Img_8251 Img_8254
ちょうどそこへ衛兵交代式で戻ってきた衛兵が歩いて戻っていくところに遭遇shine

Img_8260 Img_8261
添乗員さんの説明を聞きながらエレベーターに乗って蒋介石の銅像のフロアにup

Img_8264 Img_8265 Img_8276
蒋介石の銅像の左右に一人ずつ立って微動だにしない衛兵ですshine


Img_8285 外観は修復工事中で足場が組まれていて残念down
中正記念堂は初代総統であった蒋介石を記念して建てられたメモリアルホールですshine

Img_8288 Img_8289 Img_8293
中正記念堂から見た南側の大孝門shine北側にも大忠門があるそうですshine

このあと今日のディナーは名店の「鼎泰豊」で小籠包の点心料理restaurant

Img_8296 Img_8300 Img_8304
野菜や豚肉海老の入った小籠包や餃子焼売が沢山shine日本人の為にと炒飯もbeer

10月22日

Img_8306 Img_8307 Img_8308
バス移動bus車窓から可愛い看板発見ribbon

淡水(タンシェ)は台湾島最北部に位置する港町

Img_8316 Img_8318 Img_8320


Img_8321 Img_8322 Img_8325
東シナ海mist

Img_8327 Img_8328
漁人嗎頭を散策しました(ユーレンマートゥ)
夕陽がとっても綺麗なのでドラマの撮影にも使われるとか丁度バスを降りる前にドラマの撮影に遭遇movie

北投温泉(ベイトウ・ウェンチュエン)観光

Img_8339 Img_8337 Img_8345_2

Img_8348 Img_8347 Img_8346
地熱谷
Img_8350_2 Img_8353 Img_8355
北投温泉は白硫黄泉・青硫黄泉・鉄硫黄泉の3種類の泉質で歩いているだけで硫黄臭が漂ってきますspa
ここで発見された北投石は秋田県の玉川温泉でも採れるそうですが北投温泉で先に発見されたので名前は北投石

Img_8366 足浴体験spa
レギンスパンツだったのでちょっとしか足が出せずに浸かっていたら台湾のおばちゃん達がゼスチャーで「こんな短パン持ってきて着替えるのよ~」と(笑)

Img_8365 Img_8373_2
ガジュマルの樹があちこちにみられますxmas

Img_8380 昼食は好記にて担仔麺(タンツーメン)他台湾料理

午後から台北市内観光

忠烈祠(チュウレツシ)←これは読めるな(笑)
日本統治時代に建立された台湾靖国神社の跡地に創建され日中戦争などで戦没した霊が祀られている

衛兵が警護一時間に一度の交代式shine
Img_8384 Img_8390 Img_8391

Img_8392 Img_8396 Img_8399
衛兵交代式shine瞬きもせず歩いて行きますshine
この地面の線は長年の衛兵たちによる行進でできた跡

故宮博物館

Img_8420 Img_8425 Img_8426


Img_8427 Img_8433 Img_8435 Img_8443


Img_8447 Img_8429 Img_8430
お宝がいっぱいshineフリーで行っていたらきっとサーっと見て印象にも残らないのでしょうが添乗員さんがしっかり説明してくれたので凄いお宝だという事だけはしっかりインプットされました(笑)トラベルイヤホンを付けてたっぷり3時間の観光ですconfident
Img_8458_2 Img_8459_2
故宮博物館の外観とそこから見た景色shine

その後OPで台湾料理の夕食と台北101ビル展望台へconfident

Img_8470 Img_8471 Img_8472
OPに参加したのは私達とご夫婦で参加されてるお2人入れて4人だけ

Img_8473 Img_8474
ここの台湾料理はとっても美味しかったよ~restaurant
こちら台湾の酢豚のお肉は骨付きpig
お店の厨房には鶏冠付きの鶏さんがぶら下がってました~chicksweat01

Img_8475 Img_8478 Img_8494


Img_8498 Img_8500_2  Img_8502
この巨大な鉄球は台風対策の為の振り子型動吸振器87階から92階をぶち抜いた巨大な吹き抜け空間に吊り下げられてますsign05

Img_8505 こちらは101のマスコットキャラクターribbon
ダンパーベイビーラッキーレッドconfident振り子ね(笑)

Img_8507 Img_8508
登ってみたけどスカイツリーより全然低いので「なぁ~んだ!」という感じ
2007年にドバイに抜かれるまでは世界一の超高層建築物だったらしいですがshine

10月23日

ホテルを出発して次なる目的地へ向かう道中のことsweat02
Img_8512 Img_8514 Img_8515
「やばいsweat01バイクがsweat01
まるでバイク専用道路?って間違う位bicyclesweat01
ちょうど通勤通学時間と重なり・・にしてもこんなにバイクだらけとはbicyclesweat01

野柳地質公園(イエリョウヂシーゴンユェン)

Img_8519

1000万年におよぶ地殻変動・海蝕・風蝕の影響を受けて奇怪な岩石が奇抜な海岸景観を造りだしているまさに大自然の石彫芸術shine

Img_8529 ところどころにウニの化石が

Img_8533地殻変動の際に生じた裂け目の節理
この溝がどんどん浸食されて奇岩になっていったそう

Img_8530 日本髪らしい(笑)Img_8542ゴリラの横顔?

Img_8543 クィーンズヘッド はあと数年しかもたないらしいsweat02

Img_8552 生姜岩

色々と名前が付いています(笑)

Img_8525 Img_8538 Img_8532

Img_8518_2 Img_8554
ランチはここ野柳の美観園でまたまた台湾料理think
もう同じ物ばかり食べたくないな~sweat02

十分観光

Img_8555 Img_8562
ランタンに願いを書いて空に飛ばす天燈上げ「天まで届けshine
天燈上げを体験してから電車の時間まで十分老街を散策しながら駅へtrain
この線路に電車がやってきますtrainぎりぎりまで飛ばすsweat01
平渓線で十分から瑞芳まで4駅

Img_8577 Img_8580_2 Img_8586

Img_8587 Img_8588 Img_8594_2

九份散策

大通りでバスを降りてすぐその下にbus

Img_8596 Img_8597 Img_8602


Img_8603 Img_8604 Img_8605


Img_8606 Img_8608

何ていう神社かな・・名前が分からなくなったけど台湾の神社は煌びやかな神社ばかりですshine

Img_8611 九份の街並みを散策しながら下りていくrun

Img_8614 Img_8615 Img_8613
古い家は黒いコールタールで塗り固められたアスファルトの屋根は
九份の建物の特徴で大雨予防のためだったかなrain

Img_8617 Img_8618 Img_8619

Img_8624 Img_8620 Img_8622
ここ「九戸茶語」今日のディナー台湾料理のお店restaurant
ここで集合watchそれまで散策しますrun奥は映画館の様ですねmovie

この向かいに阿妹茶酒館(アーメイチャージウグァン)
Img_8625 Img_8627 Img_8650
千と千尋の神隠しに出てくる湯婆婆の油屋のモデルになったと言われているお茶屋さんでお茶をしましたjapanesetea宮崎監督は公言していないそうですが

Img_8631 Img_8633 台湾式のお茶ですjapanesetea
最初はお店のお姉さんが入れ方を教えてくれましたconfident
一煎目のお湯は茶葉を洗うためにすぐに捨てますjapanesetea同じ茶葉で5回程楽しめる台湾茶ですjapanesetea髙山烏龍茶とお菓子を頂きましたjapaneseteaお茶とお菓子のセットでNT$300dollar

Img_8645 Img_8647 Img_8648
日本人に分かりやすく「阿妹茶樓・あめおちゃ」と看板がconfident

Img_8649 Img_8653 外観ですshine

ノスタルジックな雰囲気に浸れる九份shineお茶の後ディナーの集合時間まで細い階段を上って沢山並んでいるお店を散策run
何のお店の前だったか・・店の前を通ると臭ーい臭いがsweat02

まぢ「おぇっ」吐きそうになりましたsweat01

Img_8658 Img_8659
狭い路地の端から景色が見渡せますshine

Img_8665 Img_8666
ディナーでは名物の「芋圓」タロイモを練った白玉の様な物が台湾料理の最後デザートとして出されましたconfident台湾料理はもう無理sweat02
でもこれはとっても美味しかったheart01

Img_8667 Img_8671 Img_8668
九戸茶語からcamera
Img_8672 この幻想的な画像を先ほど撮った阿妹茶樓を出たところからもう一度撮りたかったのだけど階段上は人がいっぱいでぴくりとも動かないので諦めましたdown
Img_8679 バス乗り場まで行く道中runお寺?提灯がいっぱいshine

そして士林夜市shine
Img_8673 Img_8676 Img_8677
もうお腹もいっぱいだったので何も食べられないからお店を見ながらぐるっと回ってみましたconfident
フルーツをカット売りしている屋台で「カット!カット!」とお店のお姉さんに勧められたパイナップルが食べたくてカットしてビニール袋に入れるのは手が汚れて嫌だから日本の露天みたいに竹串を刺して食べたいとゼスチャーしたのが通じずsweat02
結局買ってから割りばしで刺して見せてあげたら爆笑された(笑)
美味しそうだった牡蠣のオムレツやっぱり食べれば良かった~(後悔)

ホテルに戻って添乗員さんのお勧めもあって近くの夜市に行ってみる事にnight

Img_8685 Img_8687 heart01日本料理のお店発見heart01
嬉しくって2人で焼きそばを注文shineこれこれこの味~shine

Img_8689 Img_8690 Img_8696

10月24日

お茶セミナー

Img_8699 Img_8703 Img_8704

Img_8705 台湾のお茶の説明とお茶の入れ方を教えて頂きましたconfident
台湾人のお店のおばちゃんの日本語がよく分からなかったのでつっこみを入れちゃった(笑)プアール茶とってもお高いですdollar

Img_8706 道中車窓から見た丸山大飯店shine
今度はここに泊まりたいなhotel

そして三峡へbus

清水祖師廟

Img_8709 Img_8770
この川を渡った先にある清水祖師廟
東方芸術の殿堂と言われている廟ですshine

Img_8758 Img_8719 柱や屋根の彫刻がお見事shine

Img_8762 Img_8746 Img_8745

Img_8723 Img_8724 Img_8741

ランチは・・
Img_8730 ご飯の上にキャベツと揚げたチキンがのってたれがかかってる・・と書くと美味しそうに聞こえるけど・・全然美味しくなくて・・半分以上残したsweat01
悪いな~と思いながら「もう油っこいものは無理」
台湾グルメの鶏肉飯ではないよな~

そしてそこから歩いてすぐのところにある老街散策run

Img_8726 Img_8729 Img_8751
バロック様式の看板建築を特色とした赤煉瓦の古い町並み

Img_8754 Img_8755

Img_8757 Img_8771
金牛角麺包(牛角のクロワッサン)が有名で沢山の専門店がありましたbread
クロワッサンというよりビスケットに近いパンかなconfident
昔台湾の人は牛を食べなかったそうで牛は農作業をしてくれる大切な家畜だったので神様のように崇められていたと添乗員さんが話してくれましたconfident

そして最後の観光鶯歌へbus

Img_8772 Img_8774 Img_8775
ここは陶磁器の街ですjapanesetea
Img_8779

そして17時30分発関空21時10分着の空路直行便にて帰国の途へairplane
時差は1時間なので2時間40分ほどですairplane

今回の台北ツアーはネーミングの通り「盛りだくさん」でしたshine

終電の新幹線には間に合わないので関空近くのホテルでもう一泊hotel

翌日は夕方から仕事がsweat01
ちょっとハードすぎたかな・・その日仕事から帰ると熱が上がって扁桃腺炎になり結局もう2日休んでしまいましたdown

|

カントリー雑貨マーケットVOL.34

カントリー雑貨マーケットVOL.34
沢山のお客様にご来場頂きましてありがとうございました😊







こちらはマーケット前のショップさんのブースです😄













もっと沢山画像があるのですがiPhoneから初投稿してみましたが何故か画像が9枚しか入らない😅
iPhoneから投稿するとパソコン開けずに済むし画像を縮小して投稿してくれるので簡単なのだけど沢山画像を入れたい時は無理だな…
使い分けよっと

| | コメント (0)

箱根女子旅

9月30日土曜日sun

新幹線にて岡山→名古屋(ひかりに乗り換え)→小田原bullettrain

Img_7916 Img_7917 Img_7919

ここ↑小田原train

Img_7920 

登山線にて箱根湯本へsubway

Img_7923

箱根湯本駅前のあじさい橋を渡りrun
向かい側の湯本富士屋ホテル内のトヨタレンタカーを借りてrvcardashGo!
お昼は簡単に湯本富士屋ホテルのパンをgetbread
(老舗ホテルの富士屋ホテルのカレーが食べたいと言っていたK子が駅のトイレから湯本富士屋ホテルを発見!喜ぶのもつかの間どうも違うよう・・笑)

レンタカーのシエンタで箱根新道を通って元箱根へrvcar
標識が箱根新道は左側道(そくどう)と表示があるのになぜか後ろの3人が「右右!バイパス右だよ!」と叫ぶのでsweat02右に入るとやっぱり左だった(笑)道を間違えるもののsweat0130分位で何とか最初の目的地箱根神社に到着shine

Img_8047 Img_7925 Img_7926

車で大鳥居(左)をくぐり無料の駐車場に停めてから箱根神社の参道を歩いていくと・・

Img_7930 Img_7931

うっそうとした杉の古木に囲まれて厳かさとパワーを感じますconfident

Img_7934 Img_7935

ここ箱根神社の隣にある九頭竜神社↑は2000年に建立された新宮で本宮は湖心近くの湖畔にあり龍神が祀られているそうです(縁結びの神様shine
昔芦ノ湖に住む9つの頭を持つ毒龍が棲んでいたのを「万巻上人」が倒しその後改心した毒龍が龍神となったのだとか・・

Img_8050

この「龍神水舎」口にすると一切の不浄を洗い清めてくれる天然水でペットボトルに入れて持ち帰れるそう・・事前にちゃんと調べておくべきだったsweat02
売ってもいるようですsweat02

この九頭竜神社の右側にその昔源頼朝が北条政子の安産祈願をして無事三代目将軍を授かったとされる安産杉がありました(画像無sweat02

Img_7936

奈良時代の757年万巻上人が建立した箱根神社本殿shine
「和合御守」という箱根の伝統工芸の寄せ木細工で作られている世界でひとつしか二つの模様が合うものがないというお守り・・これも買えばよかったdownいまさら(笑)次に行く時に忘れない為書いておこう(笑)

Img_7939

湖畔に浮かぶ鳥居shine境内から階段を下りたところにありますconfident

Img_7943

芦ノ湖の反対側から撮った鳥居shine

Img_7940 Img_7941 Img_7942

芦ノ湖のスワンボートchick海賊船ship乗りたかったなーconfident

次なるラリック美術館へrvcar

Img_7944 Img_7945

フランスの宝飾ガラス工芸作家のルネ・ラリックの作品が展示されている箱根ラリック美術館shine

Img_7946 Img_7981_2

ラリックが壁の飾りや照明のガラスなどを手掛けた贅を尽くした豪華列車オリエント急行「コート・ダジュール号」の車両ではティータイムも出来るそうcafe室内のガラス装飾は見事shine

Img_7950 Img_7951 Img_7949

CAFE&RESTAURANTではランチも出来るようですrestaurant

Img_7952

ラリック美術館は自然とアートが響きあう美術館shine
ラリックも草花やガーデンをこよなく愛したのでしょうconfident
12月にジョニーデップが出演する「オリエント急行殺人事件」のリメイク版が公開されるようなのでこれを機に是非観に行ってみようっとshineアガサ・クリスティの小説「オリエント急行殺人事件」の映画は今まで全く観たことが無い(笑)殺人事件と名の付く物があまり好きではないので・・

そしてrvcar箱根ガラスの森美術館へ

Img_7982 Img_7956

閉園時間まであまり時間が無かったので駐車料金を無料にしてもらえてラッキー(笑)

Img_7957 Img_7958 Img_7959

Img_7962 Img_7963 Img_7960_2

美術館から大涌谷の煙が見えたよconfident

Img_7964 Img_7965 Img_7966

Img_7967 Img_7968 Img_7969

ガラスのオニオンやすすきのアートが素敵shine

Img_7970 Img_7972_2 Img_7973

カルガモはそろそろお休みsleepyの時間なのかな?

Img_8097_2 Img_8099 Img_7976

陽が落ちるとガラスのイルミネーションがとっても綺麗shine
閉園時間も気にせずにMuseumShopを見ていたらTぺが行方不明に(笑)

今宵の宿泊ホテルhotel素泊まりで予約していた為到着後フロントで夕食が出来ないか聞いたら朝食はOKだけど夕食はやっぱり駄目sweat01当然か・・

なのでフロントで勧められた仙石原すすき草原前にある「銀の穂」に電話したら20時半までOKとの事でgoodほっ

Img_7977

釜めしやわっぱ飯の美味しいお店ですconfident
私は和牛わっぱ飯japanesetea

レンタカーでホテルに戻ると駐車場は硫黄の臭いでくさっ!
箱根で唯一露天風呂から富士山が見えるホテルグリーンプラザ箱根hotel
箱根十七湯のひとつ仙石原温泉spa朝起きたらお肌がつるつるconfident毎日入りたいspa
spa雲のすきまから富士山ちらっと見えたよfuji

10月1日日曜日

Img_8101

朝一はすすきの綺麗な仙石原すすき草原へrvcar

Img_7991 Img_7992 Img_7994

すすきも沢山密集すると綺麗に見えるんですねshine

Img_7995 Img_7996 Img_7997

見ごろはもう少しかな・・秋も深まると穂が膨らんでくるようですconfident

Img_7998 Img_7999

移動中海賊船が近くに見えたのでcamera

そして・・桃源台に停めてrvcarロープウェイで行く方法もあるのですが時間のロスを考えてそのまま大涌谷へrvcar

Img_8021 Img_8002 Img_8003

良いお天気で良かったsun
昨年からまた大涌谷へ入れるようになったみたいですがここより上の大涌谷噴煙地にはまだ立ち入り禁止で入れませんでしたdown

Img_8005

大涌谷延命地蔵尊がありますconfident
そのすぐそばでは温かい泉「神泉の湯」が湧いていますspa手を清めてお地蔵様にお湯をかけてあげましたconfident

Img_8007

富士山のすそのが見えますfuji
いいお天気なのだけど雲がかかってあまり見えませんthink

Img_8012 Img_8014 Img_8018

噴煙地には全く入れませんthink

Img_8015 Img_8013_2

名物「黒たまご」ぴったし5個

食べると寿命が7年延びるという黒たまごshine
温泉池で60分茹でてさらに蒸し釜で100度の蒸気で15分蒸し専用ロープウェイで運ぶのだそう・・到着したときに運んでるのが見えた籠がそれだったのだなconfident

Img_8022

富士山がちらりと見えた瞬間5人でニュージーランドのご夫婦にcamerashine

大涌谷の駐車場を出て山を下りると駐車場に入ろうとする車の大渋滞が出来てたので朝早く来て良かったgood

ランチを予約していた時間にはまだ早かったので強羅公園へrvcar
駐車場がどこも満車で少し時間待ちrvcar

Img_8025 Img_8029

大正期のフランス式整型庭園だそうですconfident
噴水を中心に左右対称に造園された公園
一番奥にローズガーデンがあって早くも秋の薔薇が満開・・花柄摘み位はきちんとやって欲しいなthink

そしてrvcarみんなの念願だった富士屋ホテルにランチにrestaurant

Img_8031_3 Img_8033 Img_8108

Img_8035 Img_8036 Img_8037

Img_8038

富士屋ホテルは箱根の宮ノ下温泉にある1878年創業の老舗のホテルhotel
社寺造りの外観とクラシックな趣のホテル内shine
そして富士屋ホテルのカレーは有名だったんですねconfident

Img_8040

税抜2290円のカレーお高いけどとっても美味しかったrestaurant
レーズンとマンゴーチャツネをのせてapple

この後今夜名古屋にて鈴木雅之のライブがある事をうっかり忘れて箱根行きを予定に入れた為一足先に帰るK子を最寄りの駅まで送るはずだった箱根登山鉄道宮ノ下駅を通り過ぎrvcarsweat01
ちょっと混んでる1号線を走って何とか新幹線に間に合いそうな時間に箱根湯本に到着train

そこでK子とばいばいpaper

そのあと車の中で「湯本まで戻ったからどうする~どうする~?」とthink
「海賊船やロープウェイやケーブルカーの乗り物に乗ってないから箱根湯本からなら登山鉄道なら乗る時間あるからレンタカーを返して乗ろう!」という事になって念願だった登山鉄道で時間的に行って帰れそうな宮ノ下まで行く事にrvcar

Img_8041

箱根登山鉄道は小田原から強羅まで続く本格的な山岳鉄道train
箱根湯本の次の駅塔ノ沢から宮ノ下まで3回スイッチバックしながら山の中を走って登っていきますshine駅員さんに「スイッチバックって何?」と聞いてもよくわからなかったけど乗ってみてこういう事・・こうやって登りの列車と下りの列車が入れ替わるのねtrain
春は桜が夏は紫陽花が秋もう少し深まると紅葉が綺麗でシャッタースポットがあちこちあるようですcamerashine
そして↑宮ノ下駅

Img_8042

歩いて数分・・ここさっき来た富士屋ホテルhotel
「歩いて行けたんだねsweat01
誰かが観ていた看板のカフェに入ることにcafe

Img_8094 Img_8044

ぜんざいとコーヒーcafe
沸々とした熱いぜんざいが出てきましたsweat01

Img_8109

宮ノ下駅から箱根湯本まで帰りは長く感じますtrain

豊橋で降りる2人はこだまにbullettrain名古屋で降りる2人はひかりに(私は乗り換え)bullettrain
小田原駅に何とかぎりぎり到着sweat01

来年もまた行こうねheart02と約束してばいばいしましたpaper
遠く離れていても再会するとまたすぐ昔のようにはしゃげる同級生っていいですねshine

|

カントリー雑貨マーケットVol.34

shineイベントのお知らせshine

毎年12月恒例のカントリーママ主催のマーケットがまたまたやってきますshine

カントリー雑貨マーケット VOL.34

日にち:2017年12月10日(日)10:00~14:00
場所:岡山県赤磐市桜が丘いきいき交流センター

出展者様・・DING DONG DANGさん・178.megさん・Shabby whiteさん・Kクラフトさん・メルクさん・Eclat cheg maman Teruyoさん・komugi.onさん・pain de miquoさん・すぅいーとべりーさん・SACさん・cafe matcaさん・Mt.accentさん・An-egoistさん・オーバルホームプラネットさんの皆様とatelier de polka

そして私たちカントリーママshine

今回も雑貨品・手作り布小物・木工品・カントリー家具・シフォンケーキ・パウンドケーキなど盛り沢山ですshine
皆様お揃いでお越し下さいね!

|

«オーダー家具