« 春に | トップページ | カントリー家具 »

ゆうのすけ

そろそろブログを書こう!と思うといつも悲しい事が起こるので、中々書く気持ちにはなれませんでしたが・・もう吹っ切らなきゃ!!

2月3月は、ドームのイベントもさることながら、娘の引越しや卒業式で大阪へ2回車で往復したりとバタバタとしていました。

地震もあったりで中々書けませんでしたが、やっと書こうかな~と思った矢先・・

ゆうのすけが突然!あっけなく!天国へ行ってしまいました。こうやって書きながらもまた涙が出てきてしまいます。

13歳と4か月でした。ブログにも何度か登場しましたが、ゆうのすけは柴犬のオス。

その日の朝、鎖が絡まり短くなって身動きが取れない状態で(よくある事でしたが)
鎖を解いてやっても、何だかいつものような元気がなかったんです。
心配だったので、お店を開けながらも、出たり入ったりして、うろうろとゆうのすけのそばに付いてやっていました(>_<)

友達に様子を見に来てもらった時には、しっぽも振って彼女の指を軽く噛んだりしたので(ゆうのすけがいやな鼻を触ったから)元気があるし、様子を見て病院は夕方でも大丈夫かな?!と思わせられた程だったのに。まさかその3時間後になんて(>_<)想像もしなかった!

四つんばいに(犬だから当たり前だけど)なったまま座ろうともせず、ぜいぜいと息がしんどそうで、そのうち血の混じったよだれがぽたっ・・と垂れて来て(>_<)

とうとうお昼過ぎに、よろよろっと倒れそうになったので、これはいけない!!とお店に貼り紙をして急いで病院へ連れて行きました。

6~7人の先生が手厚い措置をしてくれたのですが・・(>_<)

肺水腫でした。インターネットで検索してみると突発性の肺水腫は死に至る危険な犬の病気と書かれてありました。四つんばいになって座ろうとしない、とも・・。(病院へ行く前も症状から色々調べてみましたが、その時はそれが出てこなかったんですsweat01

もうちょっと早く気づいてやれば良かった!!もう少し早く病院へ連れて行ってやってたらゆうは助かったかもしれないのに(>_<)
・・と自責の念に絶えません。悲しくて辛いです。

その後、色んな方から色んなわんちゃんの最期を聞きました。
もっと突然に!という事もよくあるようで、少し気持ちが楽になりました。

でもゆうのすけ!最期の最期まで!
あんなに苦しい思いをしているのにもかかわらず、先生を噛みに掛かったらしいです。
病院や注射の大嫌いな子でしたから。

もう天国で安らかに眠っている事と思います。
ありがとう。ゆうちゃん。

|

« 春に | トップページ | カントリー家具 »

愛犬」カテゴリの記事